So-net無料ブログ作成

音楽三昧 ! ( 2 / 3 ) [旅]

AA.JPG



さて、翌日。

この日も生憎の曇り空の中
シェーンブルン宮殿に行ってみました。



AAA.JPG



雪の中に静かに佇む宮殿。

残念ながら館内は撮影禁止でしたが
ハプスブルグ家の栄華と威光を
今に伝える内部は正に
豪華絢爛の一言でした。



BB.JPG



館内の後はお庭の見学。

遥か彼方に写っている建物には
最初から行く積りもなく
辺りを散策してあっさり終了。



BBB.JPG



寂しげな風景だな~と
思って見ていたら・・・



CC.JPG



近くにこんな銅像を発見。


いかめしい顔付の男性の頭の上に
綺麗な半ドーム型の雪がちょこんと
乗っかっていて、思わず
笑ってしまいました・・・。



CCC.JPG



街中に戻った後、ぶらぶらしていると
何度か、どこかに出かける途中の
子供の集団に出会いました。

どの子もスキー・ウェアのようなコートに
これまたスノー・ブーツの様なゴツい
靴を履いていて、改めて
ウィーンは雪が多いんだな~と思った次第。



DD.JPG



お腹も空いて来たので
そろそろお昼ご飯。

素敵なレストランを見つけたので
入ってみます。



DDD.JPG




今回初めて気が付いたのですが
ウィーンには店内で喫煙できる
レストランが結構有りました。

タバコを吸う人には有難い街ですね・・・。



EE.JPG



寒い日にも美味しく飲める様
程良~く冷えたビールと・・・



EEE.JPG



とってもシンプルなハンバーグ
( マッシュ・ポテトとサラダ付き ) と・・・



FF.JPG



シュニツェルのハーフ・サイズを注文。
( ハーフ・サイズでこの大きさ ! )

全て美味しく頂いた後は・・・



FFF.JPG



再び街を散策。
ぶらぶら歩いていると市庁舎が見えてきました。



GG.JPG



市庁舎の前には大きな観覧車が。



HH.JPG



建物前の広場には屋台村が出来ていたので・・・



II.JPG



温まる為にホット・ワインを購入すると
大きなマグに、なみなみと注いでくれました。



JJ.JPG



広場には大きなスケート・リンクも有り・・・



KK.JPG



かなり広いのに、全体がちゃんと
一方通行になっているという
すごい造りになっていました !


LL.JPG



ウィーンの街中でよく見かけた有料の体重計。
なぜ ???



MM.JPG



この日も、いつもの居酒屋で早めに晩御飯。
シュニツェルと・・・



NN.JPG



チーズのフライを注文。
う~ん、揚げ物ばかりになってしまった・・・。



OO.JPG



この日は歌劇場に対するデモが
行われるので、夕方から歌劇場周りの道路が
封鎖される旨の連絡を受け取っていたのですが
まだまだ、そんなに深刻ではない様子。



QQ.JPG



でも、その後、歌劇場に向かうと
回りは完全に封鎖されていて
当日のオペラの入場券を提示しないと
バリケード ( ? ) の中に入る事は出来ませんでした。



PP.JPG



歌劇場の正面の大通りも完全に封鎖され・・・



RR.JPG



車が一台も通らないのでひっそりとした道路。



SS.JPG



お陰で、道路の真ん中から歌劇場の写真を撮り放題 !
やったー !!!



TT.JPG



それでは中に入りましょう。
何度見ても、感動する美しい内部。



UU.JPG



バーも素敵です。



VV.JPG



この日は、13列目の真ん中の通路を
挟んで右側の席。

こちらの歌劇場は、座席を
事前リクエストで予約すると
座席指定ではなくブロック単位の
予約になるのですが
とってもいい席になって嬉しい !



WW.JPG



演目はトスカ。

ソプラノは韓国人の女性でした。
ウィーン国立歌劇場の主役を
務めるなんて相当、実力が有るんですね~!

もちろん、素晴らしかったのですが・・・



XX.JPG


実は、この日の指揮者はオペラ歌手の
プラシド・ドミンゴさん。

終演後、彼が舞台に上がると
大きな歓声が起き、写真撮影の嵐。

ちょっと主役を奪われた感があって
かわいそうだな~と思いつつ
私も座席の利 ( ? ) を生かして
ちゃっかり写真を撮ってしまいました !



YY.JPG



素敵ですね~。



ZZ.JPG



ホテルに戻る途中
楽屋の出入り口の前を
通りかかるとそこには
大勢のドミンゴの出待ちの人が・・・。

何となく、加わって5分程待ってみましたが
全く出てくる気配がなかったので
あっさり諦めました。

この頃には、道路の封鎖もすっかり解除されていて
外では一体何が起こっていたのが分からないままに
事が終わっていたのでした・・・。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。