So-net無料ブログ作成

トスカーナの旅。 ( 3 / 3 ) [旅]

CC.JPG



翌日は、いつ来ても、何度来ても魅惑的な街フィレンツェへ。

ホテルと駐車場の場所が離れていたので
駐車に少々手間取りましたが、何とか車を停め
まずはウフィツィ美術館に向かいます。



DD.JPG



予約していった割にはチケットの受け取りに時間がかかるも
きちんと入館予定時間に入館する事が出来ました。

絵画だけでなく、建物自体も美しいウフィツィ美術館。
美術館の中を歩いているだけでとっても楽しい !



EE.JPG



館内で一番の有名作品、ボッティチェリのヴィーナスの誕生
の前には黒山の人だかりが・・・。

もう一歩踏み出して近くで絵を見たい・・・
でも、皆さん絵の写真を撮っているので諦めました・・・残念 !



BB.JPG



美術館の窓から見たアルノ川とヴェッキオ橋。
高い所から街全体を眺めるとレンガ色一色だけど、
この高さだと意外とカラフル。



FF.JPG



一通り鑑賞した後は、ヴェッキオ宮へ。



GG.JPG



宮殿の前には、ミケランジェロのダヴィデ像のレプリカが飾られています。
バランス的に、何となく頭部が大きいと思うのは私だけでしょうか?
下から見上げると丁度良く見えるように造られているのかな???



HH.JPG



宮殿内の五百人広間。
確かに500人は優に入れそうな広さです・・・。
上階のバルコニーからは、美しい天井画をじっくりと鑑賞する事が出来て◎



II.JPG


ヴェッキオ宮を出た後
ちょっと一休みしたいな~と思いつつ
歩いていると、良さそうな感じのお店を発見 !



JJ.JPG



壁面側のカウンター席に落ち着きました。
それほど広くはないものの、とても雰囲気の良い店内。



KK.JPG



ワインも、一緒に出してくれたチーズも美味しくて大満足 !



AA.JPG



続いてヴェッキオ橋へ。
橋の両側にはジュエリー・ショップがずらりと軒を連ねています。



LL.JPG



橋の上からの風景。



MM.JPG



一旦ホテルに戻り、なかなかの
ヒットだったピッツェリアで食事した後・・・



NN.JPG



ピッティ宮の中庭で開催されたオペラに出かけました。
この日の演目は椿姫。

主人公のビオレッタを映画「甘い生活」
の主演女優、アニタ・エクバーグになぞらえ
映画の撮影所がセットになっているという斬新な演出。

回りをぐるりと建物に囲まれているので、
音響もなかなか良く、楽しむ事が出来ました。


OO.JPG


帰りに、アルノ川近辺をお散歩。
フィレンツェの象徴であるアルノ橋も
いつ見ても、何度見ても美しかったのでした・・・。







トスカーナの旅。 ( 2 / 3 ) [旅]

AA.JPG



さて翌日、遙か彼方まで続く
ブドウ畑の中を走り抜け・・・



AAA.JPG



なだらかな丘の上に築かれた美しい町、
モンテプルチャーノに向かいます。



BB.JPG



この日もホテルは城壁内。

・・・という訳で、前日の教訓を生かし、
一旦城壁の外に車を停め
ホテルの位置を確認してから進みます。



BBB.JPG



そろそろと城門をくぐり抜け
後ろを振り返ると・・・
幅の狭さに改めてびっくり !



CC.JPG



幸い、ホテルの正面が駐車場になっていたので
早速、駐車しチェック・インの為、ホテルの中へ。

クラシックな雰囲気の素敵なホテルです。



CCC.JPG



ホテルの方が部屋を2つ見せて選ばせて下さいました。
なんて親切 !

迷わず2部屋続きの広い方を選択。



DD.JPG



早速、散策に出かけます。
殆どが坂道のモンテプルチャーノの町。
こんなユニークな建物にもお目にかかる事ができました。



DDD.JPG



ぶらぶら歩きながらふと横を見ると
そこには、まるで額縁の中の絵の様に
見事なトスカーナの風景が !



EE.JPG



吸い寄せられる様に、そのままふらふらと脇道に入ってみると
更に素晴らしい風景が広がっていました !!!

う~ん、感動・・・。



EEE.JPG



午後からは予約していたカンティーナ(ワイナリー)の見学へ。

こちらは16世紀から続く由緒あるカンティーナで、
この町の特産でもある、
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ
というワインを造っています。



FF.JPG



全てのワイン樽の天辺にはコルク栓の
代わりに謎のガラスの物体が・・・。

一体何だろうと不思議に思い、案内の女性に聞いてみると、
何と、これ、レオナルド・ダ・ヴィンチが
発明したワイン樽専用の栓なんだそうです。

未だに使っているとは・・・・おどろき !



FFF.JPG



旧式の樽だけでなく、最新式のタンクにも使われていた
レオナルド・ダ・ヴィンチの栓。
相当、優れものなんでしょうね~。



GG.JPG



見学の後は、お楽しみの試飲。


4種類も試飲させてもらい、勧められるままに
もう1杯飲んだので、試飲とはいえ
段々いい気分になってきました・・・。



GGG.JPG



充実した品揃えの売店。
残念ながら今回はスーツケースを持ってこなかったので
ホテルでの部屋飲み用に、一番気に入った味の1本を購入。



HH.JPG



見学の後は・・・



HHH.JPG



市庁舎にある塔に上ってみました。



II.JPG



360°何も遮る物のない・・・



III.JPG



文句なく美しい景色。
トスカーナが人気の旅行先なのも頷けます。



JJ.JPG



続いて別のカンティーナに行ってみると
こちらにもレオナルド・ダ・ヴィンチの栓が・・・。



KK.JPG



気持ち良さそうにお昼寝しているネコちゃん。
平和度が一気に200%アップ !



LL.JPG



町中の壁に飾られていたサーディンの缶のオブジェは・・



MM.JPG



実はなかなかの大作。



PP.JPG



折角トスカーナに来ているので、( 更に ) バルで軽く1杯。

坂の途中にあるこちらのお店は、
お隣とのテーブルの高さが違います。



QQ.JPG



こんなに坂が多くて曲がりくねった細い路を
器用に走り抜けて行く小型バス。

私には絶対に無理だな~。



OO.JPG



城門の入口近くにあった共同の水汲み場。

皆さんわざわざ汲みに来ていたので、
特別に美味しいお水なのかな ???



NN.JPG



町中にはワイン・ショップが沢山ありました。
カンティーナを兼ねているお店も多く、
中を覗いてみるとアーチ型の壁が
ずーっと奥の方まで続いていたりして
面白かったです。



RR.JPG



夕食はダメもとで、とても人気があると言う
オステリアに行ってみました。
開店20分前にも関わらず、お店の前には結構な数の人が・・・。

いざ、開店の段になると、ほぼ全員が予約客だと判明。
テーブルも満席で、あきらめて他へ行こうとしていたら、
ダブル・ブッキングしていた人がいて、お陰で
テーブルが2つ空き、何とか店内に入る事が出来ました。



SS.JPG



こちらのお店の名物はステーキで、
シェフが直接席までお肉を持ってきて、
説明してくれます。

しかし、とても食べられそうにないので・・・



TT.JPG



名物のトリュフがこれでもかと
たっぷりとのっているベイクド・チーズと・・・



UU.JPG



トリュフの風味豊かなパスタを食べ・・・



VV.JPG



オーソブッコをメインにしました。

どれも本当に美味しくて、
改めて、お店に入る事が出来て
とてもラッキーだったなーとニンマリ。



WW.JPG



町では、41° CANTIERE INTERNAZIONALE D’ARTE ( ← 読めない ! )
というフェスティバルの最中で、とある広場ではリハーサルの真っ最中。



XX.JPG



本番も上手くいきますように !



YY.JPG



いつの間にかすっかり日が暮れて、人影もまばらになってきました。
さて、そろそろホテルに戻りますか・・・。






トスカーナの旅。 ( 1 / 3 ) [旅]

AA.JPG



イタリアのトスカーナ地方をぐるっとドライブしてきました。
ピサの空港に降り立ち、最初に向かったのはシエナ。

ホテルは旧市街の中にあるので、まずは街を囲む
城壁の内側に入ります。
城門の幅はご覧の通りの狭さでちょっとコワイ・・・。



BB.JPG



門をくぐると、居住者以外の車での侵入を禁止する
ZTLの看板が。

きちんと届け出ないと後で罰金を払う羽目になります。



CC.JPG



とろとろと進んでいくと、道幅が狭い上に、
ものすごーく歩行者が多い
通りに出てしまいました。

殆どが観光客で、皆さん、ウィンドー・ショッピングに夢中。
ヒヤヒヤしながら通り抜けると・・・



DD.JPG



車の真正面に向かって
ぞろぞろと歩いてくる団体ツアーの集団が !

ひぇ~と思いながらすり抜け・・・



EE.JPG



何とかホテルに辿り着き、ほっと一息。
いやぁ、人を轢いてしまいそうで怖かった・・・。



FF.JPG



こちらは13世紀の修道院を改装した中庭が素敵なホテル。



AAA.JPG



テラス付きの素敵な部屋に案内されました。



GG.JPG



車も停められた事だし、
早速街歩き開始。

まずは、街の核、ドゥオーモへ。
この日は本当にいいお天気で強烈な日差しがジーンズを通して
肌に刺さります。

暑い !



HH.JPG



ドゥオーモの内部。
豪華ですね~ !
シエナはその昔、フィレンツェと肩を並べる程
栄えていたそうで、その片鱗を伺わせます。



II.JPG



ドゥオーモ図書館。

金箔を施した豪華な
中世の楽譜が展示してありました。



JJ.JPG



続いてカンポ広場へ。



KK.JPG



巡礼のシンボル、ホタテ貝の形をした
この広場は、ゆるーく傾斜していて、
広場の中心が一番低くなっています。

年に2回7月と8月に、この広場の回りで
パーリオという競馬のような競技が行われ、
その時期には世界中から集まった観光客で
広場が埋め尽くされるそうです。



LL.JPG



続いて、国立エノテカに行ってみました。
館内には、国中のワインを集めた資料館と・・・



MM.JPG



気持ちのよいテラス付きのバルがありました。



NN.JPG



当然、ワインを注文。
この地方のワインに多く使われているサンジョベーゼ。
濃厚な味で美味。



OO.JPG



国立エノテカは、内部が公園になっている
かつての要塞の一角にあります。

園内には、ジョギングする人や・・・



PP.JPG



設置されているトレーニング器具で
エクササイズする ( ? ) ちびっ子や
日光浴を楽しむ若者などなど
大勢の人がいました。



QQ.JPG



まだまだ日は高いですが、
お腹も空いて来たので晩御飯。



RR.JPG



気軽な食堂で、意外と(失礼 ! )
盛り付けがお洒落だった前菜と・・・



SS.JPG



ピーチ ( PICI ) というこの地方独特のパスタを頂きました。
このピーチ、ご覧の通り、ぶっとい麺で、
食感は正にうどん・・・。

いやぁ、ユニークです。



TT.JPG



すっかり満足して食後にカンポ広場まで
ぶらぶら歩いて行くと、広場全体が
美しくライト・アップされていました・・・。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。