So-net無料ブログ作成

郷に入りては・・・。 ( 4 / 4 ) [旅]

AA.JPG



最終日も相変わらずいいお天気。
朝から暑いです。

この日は、空港に向かう前に
フリヒリアナ ( Frigiliana )という村 へ。



BB.JPG



フリヒリアナはアンダルシア地方に点在する
白壁が続く「白い村」の一つ。



CC.JPG



確かに村中どこに行っても
真っ白な壁・壁・壁。



EE.JPG



まるで映画のセットのようです !
綺麗すぎて、人が普通に生活している
というのが信じられません・・・。

やはり人気があるらしく
シーズン・オフだというのに
町の駐車場には観光バスが
何台も停まっていました。



DD.JPG



緩い上り坂に
階段が続くこの町の
荷物の運搬手段は
なんと、馬 !

長閑ですね~。



FF.JPG



村の余りの美しさに
いいな~、こんな所に泊まってみたいな~ !
とはしゃぎながら、ぐるぐる辺りを散策していたら
いつのまにか、空港に向かう時間が迫っていたので
軽くランチを摂る事に。



GG.JPG



海に近いので美味しいに違いない ! と
思いシーフードのスープと・・・



HH.JPG



ガーリック・トーストを注文。
どちらも文句なしのおいしさ。

そして・・・スペインはどこに行っても
レストランの値段が安い !
嬉しい限りです・・・。



II.JPG



駐車場に向かう途中、
先程、町の上の方で見た馬に再会。
の~んびりと歩を進めていました。



***



毎日、「昼休み」に翻弄された今回の旅行。

午後の観光のゴールデン・タイムに
全ての施設が閉まってしまうので
時間が限られている観光客には
厳しいものがありましたが
何故かそれも、「まっ、こんなもんか。」
と気にならなくなるから不思議。

「郷に入りては郷に従え」というよりは
「郷に入ったら郷にすっかり馴染んだ」
という感じですかね~。

いずれにしても、今回の旅行で
ますますスペインが好きに
なった事は確かです・・・。





郷に入りては・・・。 ( 3 / 4 ) [旅]

AA.JPG



さて翌朝、ホテルをチェックアウトして
照り付ける強い日差しの中を出発。



CC.JPG



この日の目的地はこちら
Alcaudete城。
( 読み方がよく分かりません。すみません・・・。 )



BB.JPG



お城に続く遊歩道には
犬を放し飼いで散歩させている
人がいる程、長閑な雰囲気。

長閑すぎる為か、こちらのお城
ホームページを探してもそれらしき物が
見当たらず、かろうじて見つけたページも
何だか意味がよく分からなかったのですが
取り敢えず、午前中に行けば
見学できるかな~と思いやって来ました。

しかし・・・ここで、こちらのお城には
ガイド付きでないと入場できない事が発覚 !

幸いにも、ちょうどツアーが始まるところ
だったので、そちらのグループに加わり
見学できる事に。



DD.JPG



スペインの方々向けのツアーなので
解説は当然スペイン語。

案内の方が親切で合間に一生懸命
英語でも説明してくれましたが
あまりよく分からなかったので
許可を貰って自由に見て回る事にしました。



FF.JPG



城内はどこも完璧に修復済み。

背後の山々と連なる風景を
見ていると、あぁ、昔もこんな
だったんだろうな~という
感動がこみ上げて来ます。



EE.JPG



お城の周辺に広がる
オリーブ畑。

何だか、この3日間オリーブ畑ばかり
見ているような気がします・・・。



GG.JPG



こちらは綺麗に残っていた
オリジナルの床 ( かな ? )。
模様が素敵。



HH.JPG



帰る時には門を開けるので
声を掛けて下さいと案内の人に
言われていたので、帰りたい旨
伝えると、塔にはちゃんと上ったか
と念を押されました。

どうやら、自慢の塔のようです。

はい。ちゃんと上りました・・・。



II.JPG



最後に麓からお別れ。
とても綺麗なお城でした・・・。



JJJ.JPG



再び、車を走らせていると
眼前に、頂きに雪化粧をした
シエラ・ネバダ山脈が見えてきました。
11月頃からスキーを楽しむ事ができるそうです。



KK.JPG



やがて、この日の宿泊地、グラナダ ( Granada ) に到着。
丁度、お昼休みの時間帯でしたが
観光地なので多くのお店が営業中。

ここ数日間、お昼休みに翻弄され続けて
いたので、お店が営業していると
いうだけで嬉しい・・・。



LL.JPG



グラナダといえばアルハンブラ宮殿ですが
昔、中は見学した事があるのでパスし
瀟洒な住宅地を通り抜け・・・



MM.JPG



展望スポットから見る全景を楽しみました。



NN.JPG



その後、展望スポットの正面に
素敵なカフェを見つけて
ふらふらと引き寄せられ・・・



QQ.JPG



予期せぬ休憩。



OO.JPG



こちらのお店は本当に見晴らしが良く・・・



PP.JPG



アルハンブラ宮殿を含む
眺望を楽しむ事ができました。



RR.JPG



カフェでものすご~く
ゆっくりした後は・・・



SS.JPG



坂を下って・・・



TT.JPG



アラブ街へ。



UU.JPG



土産物屋や・・・



VV.JPG



カフェなど全てがアラブ風。



WW.JPG



中にはこんなフシギな表示も・・・。



XX.JPG



何はともあれ、色々な魅力が詰まった
グラナダの街。



YY.JPG



何と、自転車でメリーゴーラウンドを回していた
お兄さん。

きっと、昔からこの場所にあるんでしょうね~。
何だかほのぼの・・・。



ZZ.JPG



日暮れも迫ってきたので・・・



ZZZ.JPG



混み合う前に晩御飯。
こちらのお店は・・・
まぁ、平均的なお味でした。






郷に入りては・・・。 ( 2 / 4 ) [旅]

AA.JPG



2日目は一般の入場が始まる10時にメスキータ (Mezquita) へ。
「メスキータ」はスペイン語でモスクという意味。
現在ではカトリックの教会として使われています。



AAA.JPG



印象的なアーチ型の柱が連なるメスキータ。
朝一番で入場したので
まだまだ人影まばら。
ゆっくりと見て回ります。



BB.JPG



こちらが現在の教会の中心部。
先程とは雰囲気がガラリと変わります。



BBB.JPG



一般的なカトリックの教会も
綺麗で威厳があり素敵ですが
メスキータ独特の雰囲気も
素晴らしいの一言。

建物を出る頃には
次々と団体さんが到着し
内部は結構混みあっていました。



CC.JPG



こちらは赦しの門と呼ばれる門。
くぐると罪が赦されるそうです。

う~ん、いったい何度くぐれば罪のない人に
なれるんだろう・・・。



CCCC.JPG



折角ここまで来たので
メスキータの敷地内にある塔に
上ってみる事に。

案内付きでしか上る事が出来ず
一回の人数が決まっているとの事でしたが
まだそれほど混み合っていなかったので
15分後に入場可能なチケットを
購入出来ました。



CCC.JPG



時間が来たので入場。
皆んなでひたすら階段を上ります。



EE.JPG



展望バルコニーに到着しました。
こちらからは・・・



DD.JPG



メスキータの中庭の様子を見る事が出来ます。
整然と並んだ木々が綺麗。



DDD.JPG



見上げれば、頂上はまだ遥か彼方。

ここで終わりなのかな~と
思っていたら、10分後に
係りの人から
「上に行きますのでついて来て下さい。」
という案内を受け更に階段を上って・・・



EEE.JPG



四方に鐘の並ぶバルコニーに到着。



FFF.JPG



鐘はそれぞれ製造された年代が
異なり、レプリカの物もあれば、かなり古い年代の物もありました。



GG.JPG



再び、係りの人の号令で
階段を上り・・・



HHH.JPG



もう一つ上のバルコニーに到着。
上に上がるにつれバルコニーの
面積も狭くなっていくので
人数制限の意味が良く分かります。



GGG.JPG



ここまで来るとかなり見晴らしが良く
遠くまで見渡す事ができます。



II.JPG



メスキータの全体像も。
ふ~ん、こうなっていたんですね。
なるほど~。



HH.JPG



地上から見上げた時にはものすご~く
高い所にあった頂上の鐘も今は真近に。



III.JPG



傍らでは、どこかの国のテレビ局の人が
熱心に取材中。



JJ.JPG



再度、係りの人の号令で
ぞろぞろと階段を下り
無事 ( ? ) 地上に到着。

なかなか見ごたえがあって
楽しかったです。



JJJ.JPG



続いて、こちらも観光名所の
花の小路 ( Calleja de las Flores ) に
行ってみました。



KK.JPG



この小路からは、先程上ってきた塔が
良く見えます。

人気の写真スポットらしく
狭い小路には次から次へと
観光客がやって来ました。



LL.JPG



午後からは再びドライブに出かけます。



KKK.JPG



途中、モントロ ( Montoro ) という名の
白い村を通り抜け・・・



LLL.JPG



町の一部が世界遺産に指定されている
ウベダ ( Ubeda ) に到着。

実は、この日もお城に行こうと
思っていたのですが、
丁度お昼休みの時間に
あたってしまった為、急遽
行先を変更した次第。



OO.JPG



とはいえ、こちらの町も全体的に
お昼休みの真っ最中で、
レストランやカフェを除くと
ひっそりとしていて人通りも少なく
寂しい感じ。



PP.JPG



数少ない、営業中だったお店。
壁のディスプレイがかわいい !



OOO.JPG



町はずれにあった駐車場からは
遥か彼方まで続くオリーブ畑を
一望する事が出来ます。



PPP.JPG



さて、こちらが世界遺産の一部
エル・サルバドール教会 ( Igresia del Salvador )。
当然 ( ? ) お昼休み中で中に入る事は出来ず。

しかし・・・教会がお昼休みって・・・
「もしその時間にどうしても懺悔したい人が
いたらどうするんだろう」などと
アホな事を考えてしまいました・・・。



QQ.JPG



再び、コルドバに帰還。
どの通りにも人が溢れて賑やかで
やっぱり、街はいいな~としみじみ。



RR.JPG



お昼ご飯を食べ損ねたので
早めに晩御飯。

カフェが軒を連ね
賑わっている小路の奥に・・・



QQQ.JPG



歴史のありそうなタヴェルナを見つけて
入ってみる事に。



RRR.JPG



とても雰囲気のいい店内で・・・



UU.JPG



あっさり味なのにしっかりと出汁が利いた
サフラン・ベースの肉団子スープと・・・



SS.JPG



マッシュルームのグリルと・・・



SSS.JPG



トルティーヤと・・・



TT.JPG



コロッケを注文。

昨日に引き続き
どれもこれも美味しくて大満足。



UUU.JPG



帰り際に再び花の小路に立ち寄ってみると
昼間の喧騒が嘘のような静寂ぶり。

でも、夜に見るライトアップされた塔は
昼間よりも更に美しかったのでした・・・。





郷に入りては・・・。 ( 1 / 4 ) [旅]

AA.JPG



10月の中旬、スペインの南部に行って来ました !
マラガ空港に降り立ち、レンタカーを借りて
走り始めます。



BB.JPG



この辺りはオリーブの一大生産地らしく、
辺り一面途切れることなく
オリーブ畑が続いています。



C.JPG



ひたすら、北西に向かって走って行くと
突然、正面に、山の上に聳え立つお城が
目に飛び込んできました !



CC.JPG



こちらは、アルモドバル ( Almodovar ) という名前のお城で
8世紀にアラブ人によって建てられたそうです。
立派ですね~。



EE.JPG



麓の駐車場に車を停め、せっせと坂を上って
お城の正門前に到着。

ここからは遥か彼方まで見渡す事が出来
爽快な気分に。

・・・がここで、お城はお昼休み中で
30分待たなければいけない事が発覚 !



DD.JPG



仕方ないので、辺りに放牧されている
羊などを眺めながらぼんやりと時間を潰します。

・・・と突然、羊たちが一斉に大移動を始めました。
どうやら、牧羊犬に誘導されている様子。

こんな場面に出くわしたのは初めてなので
とにかく面白くてひたすら羊たちの
動きを目で追っていました。



GG.JPG



そうこうしているうちに、帰宅していたらしい
係りの人が車で現れ ( のんびりしてるな~ )
目出度く入場。



HH.JPG



城内には、王様との謁見の間や監獄等が再現されていて
なかなか見ごたえがあります。

見晴らし台からの景色も抜群に綺麗 !



II.JPG



お城の中心部にあった
蔦の美しい広場。



FF.JPG



雨がぱらついて来たので城内で雨宿り。
周りに遮るものが何もないので
雲の動きがよく分かります。



JJ.JPG



雨も止んだので、お城を出て坂を下っていると
先程の羊たちが再び移動中。
結構まめに動いている ( 動かされている ? ) ようです。



LL.JPG



麓の駐車場に車を停めた時
駐車場の隅に座ってくつろいでいたおじさんたち。

ヨーロッパの南の方に行くと
平日の真っ昼間からくつろいでいるおじさんを
多々見かけるので、別段気にもしていなかったのですが・・・
実は羊飼いだったという事が判明 !
( 右側のおじさんは分かりませんが・・・。 )

お仕事中だったんですね 。
大変失礼しました~ !



MM.JPG



車道にまで進出中の羊たち。
全部まとめるの大変だろうな~。



NN.JPG



車に戻り、再び車上の人に。
走行中に、前回に引き続き
( しかし前回より大きな ) 虹を目撃 !
なんだか嬉しい・・・。



OO.JPG



お天気も又良くなってきたし・・・



PP.JPG



などど考えているうちに
この日の宿泊地、コルドバ ( Cordoba ) に到着。



QQ.JPG



コルドバは、いかにもスペインといった感じの風景と・・・



RR.JPG



アラブ風の風景が上手い具合に混ざり合っています。



SS.JPG



こちらは、かの有名なメスキータ ( の外壁 )。
う~ん、エキゾチック !



TT.JPG



お腹が空いて来たので、晩御飯。
老舗のタヴェルナでなすのフライと・・・



UU.JPG



コロッケと・・・



VV.JPG



ビーフシチューを頂きました。
どれもびっくりする位美味しくて感動 !
は~、幸せ・・・。



WW.JPG



食後に街中をぶらぶら散歩。
ライトアップされた橋を照らす満月がキレイ!



XX.JPG



さて、そろそろホテルに戻りますか・・・。





又々、きままにドライブ。 ( 2 / 2 ) [旅]

さて翌朝、食事をとる為、部屋を出て
エレベーター・ホールに行くと
何と、天井の壁の一部が思いっきり崩落していました !

落ちた壁の破片を見ると湿っていて、
そういえば、前の日の夜
お湯の出がものすご~く悪かったのは
漏水が原因だったのねと妙に納得。

しかし、そんな些細な出来事を覆す
すばらしい朝食が待っていました。

こちらのホテル ( というか殆ど B & B ) では
フル・ブレックファーストを提供していて
朝から本格的な食事に大満足。


AA.JPG



満腹になり、張り切って
ホテルを出発。

途中、干潮ですっかり干上がった海岸線を眺めながら・・・



DDD.JPG



最初の目的地、カナーヴォン ( Caernarfon ) に到着。


カナーヴォンを含む北ウェールズ地方には古城が多く
今回はそれらを見学する為にやって来ました。



AAA.JPG



早速、カナーヴォン城へ。
朝早かったせいか、まだまだ人影もまばらです。



CCC.JPG



堅牢な城内には11月11日の英霊記念日に向け
戦没者を悼むポピーの造花が壁一面に飾られていました。



AAAA.JPG



見晴らし台からは眼前に迫る海と・・・



AAAAA.JPG



背後に迫る山の両方を見渡す頃が出来ます。
このお城を攻め落とすのは難しそう・・・。



BB.JPG



お城だけでなく、可愛らしい建物が
立ち並ぶ町中も魅力的なカナーヴォン。



CC.JPG



日曜でお休みのお店が殆どでしたが、
ウィンドーを眺めているだけでも楽しい !



BBB.JPG



お城の目の前にある港に行ってみました。



DD.JPG



丁度、マラソン大会が開催されていて
歩いていると、横を何人ものランナーが
駆け抜けていきました。



EE.JPG



下から見上げるお城も素敵。



EEE.JPG



町中にあったお店。
右上の英語の表示でかろうじて
お肉屋さんと分かりましたが、
う~ん、ウェールズ語は難しい・・・。



FF.JPG



続いて車で30分程の距離の
ボーマリス城 ( Beaumaris Castle ) へ。



FFF.JPG



カナーヴォン城に比べると小ぶりですが
こちらも、とても綺麗なお城です。



GG.JPG



城内にあった注意表示。
右端は、鳥に襲われる事もある ( !!! )
って意味なんでしょうか ???
恐ろしい・・・。



GGG.JPG



お城の本丸 ( ? ) をぐるりと取り囲む城壁の上の通路は・・・



HH.JPG



人がすれ違うのがやっとの幅。



HHH.JPG



又、別の表示を発見 !
色々とキケンの多いお城のようです・・・。



III.JPG



こちらのお城も海の近くに建っているので、
城壁からの眺めはそれはそれは綺麗です。



II.JPG



お城のまん中には、綺麗に手入れされた芝に覆われた広場が。



JJ.JPG



お城を出た後、あまりにも綺麗だったので、
ふらふらと吸い寄せられるように
駐車場の先に広がる海岸へ。



KK.JPG



地中海とは又違った海の美しさ。



KKK.JPG



又、夏に来てみたいです・・・。



LL.JPG



海岸からのお城の眺め。
町の風景に溶け込みながらも
存在感があります。



LLL.JPG



お城の近くにあった小高い丘には
牛が放牧されていました。
何とものどかな風景。



MM.JPG



再び車上の人となり・・・



MMM.JPG



大きな石造りの門の脇を通り抜けて・・・



NN.JPG



コンウェイ城 ( Conwy Castle ) へ。



NNN.JPG



こちらのお城は高台に建っていて、
城内に入るまでに少し上ります。



OO.JPG



というわけで、特に見晴らしが良く・・・



OOO.JPG



草を食む羊たちなども鳥瞰。



PP.JPG



こちらのコンウェイ城も含め、
この日に廻った3つのお城は
いづれも世界遺産に登録されています。

どのお城も世界遺産に登録されるのが
納得の素晴らしさ。



RR.JPG



帰る途中、ものすご~く久しぶりに虹を見ました。
この日はお天気も良かったし、
何かいい事あるといいな・・・。






又々、きままにドライブ。 ( 1 / 2 ) [旅]

AA.JPG



前回、とても楽しかった日帰りドライブに味を占め
翌々週末、ゆる~く計画を立てて
1泊分の用意をし、再び出かける事に。



BB.JPG



最初に辿り着いたのは、ロンドンから北西に車で3時間程の
距離に位置する街、シュルーズベリー ( Shrewsbury )。



CC.JPG



街中には中世の建物が数多く残り
しかも今なお、ちゃんと利用されています。



DD.JPG



ふらりと入った教会には・・・



EE.JPG



結婚式の準備がされていました。



FF.JPG



清楚でいかにも結婚式にふさわしい飾りつけ。
綺麗 !



GG.JPG



一見フツーの建物のこちらは・・・



HH.JPG



昔ながらのワインの卸業者件ワイン・ショップ。



II.JPG



お店の奥に昔の作業場があり、古い道具が展示してありました。
ワインの種類も豊富で、この日の部屋飲み用にワインを購入。



E.JPG



裏通りにあった天井が傾いてしまう程
ものすご~く古そうなパブ。

お店の脇で中世風の衣装を着た
何かのアトラクションの係りの人が
すぱぁ~とタバコをふかしているのが面白かったです。

ぶらぶらと街中をそぞろ歩いた後は・・・


JJ.JPG



緩やかに続く美しい丘陵地帯を走り抜け
次の目的地へ。



KK.JPG



到着したのは海辺の町スランドゥドゥノ ( Llandudno ) 。
何とも不思議な名前のこちらは、北ウェールズの
海沿いにある保養地で、「スランドゥドゥノ」は
英語ではなく、ウェールズ語。



LL.JPG



海岸沿いには小ぶりで可愛らしい宿泊施設が遥か彼方まで
並んでいます。



MM.JPG



今回はその中の1件に泊まる事に。



NN.JPG



ホテル予約サイトから当日予約したにもかかわらず
海側の部屋を用意してくれました。

オーナーらしき男性は、かなりのご高齢で
ホテル自体もかなり年季の入った建物でしたが
室内はパリッと糊のきいたシーツをはじめ
隅々まで手入れが行き届いていて
きちんと管理されているな~という印象。



OO.JPG



チェック・イン後、早速散歩に出かけます。
海辺には海辺の保養地にありそうな
土産物屋やゲーム・センターなど
由緒正しき ( ? ) お店が軒を連ねています。



PP.JPG



あまりにも素朴でほほえましかったので
思わず撮ってしまった射的。



A.JPG



半月型に広がる浜辺。
真夏にはパラソルでびっしりと埋め尽くされそうです。



B.JPG



沖合には洋上風力発電所が。
確かにこの辺り、冬は風が強そう・・・。



QQ.JPG



町中にあった、ウェールズ語と英語が併記された案内。
う~ん、難しい・・・。



RR.JPG



・・・とはいえ、全英どこでもパブは共通。
一休みでビールを一杯。

そうこうしているうちに日は暮れ・・・



TT.JPG



夜が早いリゾート地ゆえ
夕食にフィッシュアンドチップスを食べた後は
早々にホテルに引き上げ、
昼間仕入れたワインを飲んだのでした・・・。





きままにドライブ。 [日帰り旅行]

AA.JPG



天気予報の通りに晴れた週末、
日帰りでドライブに出かけました。



CC.JPG



行先はロンドンから車で2時間ほど南に下った町、ライ ( Rye )。


EE.JPG



曲がりくねった小路の続く小さな町には・・・



BB.JPG



アンティーク・ショップをはじめとする
可愛らしいお店が沢山並んでいました。



DD.JPG



町中には歴史を感じさせる古い建物も点在していて
その昔、魚市が立っていたと思しき
フィッシュ・マーケット・ロードという
名前の道もありました。



FF.JPG



こちらも歴史のありそうなパブ。
とてもお天気がいいので、テラスの皆さん
気持ち良さそうです。



GG.JPG



アンティークのお店が何件か
かたまっていたエリア。

人気があるのか、どのお店も
結構混みあっていました。



***



HH.JPG



ここまで来たので、ついでに行こうと
次に立ち寄ったのがヘイスティングス(Hastings)。



II.JPG



海沿いのこの町はひと昔前に一大リゾートだったらしく
目抜き通りには色々なお店がぎっしりと立ち並び楽し気な雰囲気。



JJ.JPG



カフェやパブも数多くあり、どこも大盛況。



KK.JPG



海岸沿いにはご覧のような小屋が立ち並び・・・



NN.JPG



魚屋さんやレストランとして活用されていました。



MM.JPG



上の魚屋さんの店番をしていた ( ? ) 男の子。



LL.JPG



ミニミニ電車も走っていたし、遊園地もあったので
家族連れが多いのかな ???



OO.JPG



帰る前に、お手洗いに入ったら
こんな看板が。

Loo Of the Year Awards

[ Loo ] はトイレの意味なので、「今年最も美しかったトイレ賞」
とでも訳すのでしょうか。

何かの冗談かな~とも思いましたが
気になったので調べてみると
ちゃんとホームページがあり
応募基準、評価基準共にかなり細かく分かれていて
何と、毎年、参加有料のパーティー付きの表彰式まで
行われていました。

たかがトイレ、されどトイレ。
奥が深い・・・。



***



・・・という訳でお天気も良く
美しい風景と面白い発見を
楽しんだ一日でした・・・。 







オープン・ハウス。 [ロンドンで見つけたこと]

AA.JPG



ロンドンでは年に一度、
歴史的建造物やデザイン性に優れた建築物の内部を
一般に無料で開放するオープン・ハウスという
イベントが行われます。

中には、通常は非公開の物や、有料の物もあり
人気のある建物で、事前予約が必要な物は
すぐに満員御礼になってしまいます。

とはいえ、当日ふらりと訪れることが出来る物も
沢山あるので、昨年に続き、今年も出かけてみました。

まずはこちら、バンケッティング・ハウス ( Banqueting House ) へ。



BB.JPG



ルーベンスの天井画で有名なこちらには・・・



CC.JPG



このようなユルーいクッションのイスが設置されていて
寝ころびながら心行くまで
ルーベンスを堪能できるようになっていました。

もちろん、私も拝借し、
ゆったりとルーベンスを楽しみました !



DD.JPG



続いては、ギルド・ホール ( Guild Hall )。
こちらは、併設のギャラリーは通常開放されているものの、
ホールの方は、イベントで使われる事も多い為、
滅多に見られない印象が・・・。

オープン・ハウス期間中は終日見学可能
だったので行ってみました。



EE.JPG



最初の写真に写っている、
グレート・ホールが一番有名な観光スポットなのですが、意外にも
その他にも色々と見どころがありました。

こちらは地下にあったイベント・スペース。
なかなかいい雰囲気です。



FF.JPG



広々とした会議室には・・・



GG.JPG



革張りの立派な椅子が整然と並んでいました。



HH.JPG



エリザベス女王を描いた絵画が沢山飾られていたギャラリー。



II.JPG



その奥にはこんな古めかしく威厳のある雰囲気の部屋も・・・。


JJ.JPG



思いのほか時間を掛けてゆっくりと
見学してしまいました・・・。



LL.JPG



続いてはビック・ベンで有名な・・・



KK.JPG



国会議事堂 ( House of Parliament )。
こちらはやはり人気があり、20分ほど並びました。



MM.JPG



平日は議席 ( 議会 ) の見学も可能ですが
週末なので、入口のホールのみの見学。

とはいえ、普段は予約が必要な国会議事堂に
ふらりと入れるなんて、嬉しい限りです。



***



この他、画家フレデリック・レイトンの
自宅を美術館として開放している、
レイトンハウス・ミュージアムにも足を伸ばしました。



NN.JPG



こちらは、昨年見学した、外務省
( Foreign and commonwealth office )。



OO.JPG



建物内すべてがものすご~く豪華で・・・



PP.JPG



特にこの吹き抜けの部分は美術館と
見紛う程の美しさ。

こんな場所で働けるなんて羨ましいな~
と心から思ったのでした・・・。




晴れた日には・・・。 [ロンドンで見つけたこと]

AA.JPG



9月中旬のものすご~くお天気の良かった日に
ふと思い立って郊外に出かけました。

行先はホーニマン博物館 ( Horniman Museum )。
ロンドン南部にある博物館です。



AAA.JPG



館内には世界中に生息する動物の剥製を集めた部屋や



BB.JPG



世界中の楽器を集めた部屋などがあり・・・



BBB.JPG



ガラス張りの壁には一面に楽器が。

他にも特別展の部屋、水族館 ( 有料 ) などなど
なかなかの見ごたえ。



CC.JPG



建物の奥にひっそりと佇んでいた温室。
今は使われていないようで、勿体ない !



CCC.JPG



博物館の正面、一番日当たりのいい場所には
素敵なカフェが。

のんびりとしたひと時を過ごす事ができそう。



DDD.JPG



博物館は公園の高台に位置し・・・



DD.JPG



ロンドン中心部の高層ビルの眺望を楽しむ事ができます。



EE.JPG



公園内の地図で、近くにもう一つ
ギャラリーのある公園を発見し、行ってみる事に。

この辺り一帯は、Green Chain Walk と呼ばれているらしく、
地図上にも緑地帯が沢山ありました。



EEE.JPG



かなり適当に歩いていたのに、ちゃんと目的地に辿り着いて
我ながら感心 ( いい加減だな~ )。



FF.JPG



こちらはダリッジ ( Dulwich ) という名前の公園。
先程の公園よりも大規模で、負けず劣らず綺麗。

園内にはジム器具も完備されていて
かなり真剣にトレーニングする人の姿が・・・。



FFF.JPG



さらにずんずん進んで行き・・・



GG.JPG



ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー ( Dulwich Picture Gallery ) に到着。



GGG.JPG



とてもこじんまりとしたギャラリーですが、
プッサンの作品だけを集めた部屋があったり
ヴァンダイクやルーベンスなどの名作が揃っているので
一点一点じっくりと鑑賞していったら
結構疲れました・・・。



HH.JPG



・・・というワケで、ギャラリーの前にあった
素敵なカフェでランチタイム。

あまりにもお天気が良く
気持ちのいい日だったので
ついつい白ワインを注文。

ああ、しあわせ・・・。



HHH.JPG



食後はカフェの前の公園を通り抜け、駅に向かいます。



II.JPG



道路脇の柵にひっそりと表示されていた駅へのみちしるべ。
どうやら、また別の公園内を通り抜けて行くようです。

しかし・・・丁度、中から人が出てきたので気が付いたものの
危うく通り過ぎるところでした。



III.JPG



もっと分かるように表示しておいてよ~。
と、心の中で文句を言いつつ歩いていましたが
こちらの公園もとても綺麗だったので、
機嫌を直し・・・



JJ.JPG



無事に駅に到着したのでした。



***



JJJ.JPG



翌日、再びものすご~くお天気が良かったので・・・



KK.JPG



フラム・パレス ( Fulham Palace ) に行ってみました。
フラム・パレスはロンドンの西部、
テムズ川の近くに建っている館です。

写真は敷地に隣接した古い建物。



KKK.JPG



館の敷地内には綺麗なお庭と・・・



LL.JPG



温室がありました。



LLL.JPG



実を沢山付けたリンゴの木や・・・



MM.JPG



敷地内で収穫された野菜を売る小さなワゴンも。



MMM.JPG



なかなか種類豊富です。



NN.JPG



こちらがフラム・パレス。



NNN.JPG



内部には歴史を感じされる大広間や・・・



OO.JPG



教会や・・・



PP.JPG



昔の書斎を利用したと思しき売店もあり、とてもいい雰囲気。



QQ.JPG



更に、館内には落ち着いた雰囲気のティー・ルームも完備。
無料で見学するのが申し訳なく感じる程、素敵な空間でした。






カーニバル ! [ロンドンで見つけたこと]

AA.JPG



前回、マドリッドから帰宅したのが、
かなり早かったので、ロンドンの夏の終わりの風物詩
ノッティングヒル・カーニバルに行ってみました。

日頃は交通量の多いウエストボーン・グローブ通りも
車の進入が規制されて、ひっそりとしています。
嵐の前の静けさ ???



CC.JPG



カーニバルにお酒は付き物。
酔っ払いも多いので、カーニバルの通り道では
例年、この様に壁を保護する住宅や店舗が沢山有ります。

こちらのパブは壁を保護しつつ、ちゃっかり
テイクアウト用の窓口を設けていました。



DD.JPG



スーパーのセインズベリーズもこの通り。

バリケード ( ? ) に書かれた落書き
( カーニバル期間中に勝手に書かれる)が
シュールです・・・。



EE.JPG



いよいよパレードが始まりました !
この日は、お天気も良かったので
辺り一面、人・人・人。



GG.JPG



露店や屋台も沢山出ていました。



FF.JPG



もくもくと煙を上げるBBQの屋台。
中には、道路脇の自宅の庭で焼いた物を
販売しているお店 ( ? ) も。



II.JPG



ウイスキーの瓶を片手にそぞろ歩く女の子。
渋いな~。



JJ.JPG



公園内に設けられた特設ステージ。



KK.JPG



・・・で歌っていたお姉さんたち。
歌がめっちゃくちゃ上手かったです !



HH.JPG



普段はオシャレな感じのこの界隈も、
この日ばかりはがらりと雰囲気が変わり
カーニバル・モード一色になります。



LL.JPG



パレードはますます華やかで賑やかになり・・・



MM.JPG



カーニバルはクライマックスを迎えます。
そして・・・



NN.JPG



宴の後には大量のごみが残され・・・



OO.JPG



ごみ収集車の撤収と共にカーニバルも終わったのでした・・。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。